我が家の貯蓄についての考え方

我が家は私と家内、中学から大学まで一貫の私立に通う娘2人の4人家族です。収入は家内のパートを入れても1000万円じゃうくということもあり、正直家計としては苦しいといえる状況です。とはいえ、貯蓄や投資、保険に関してはきちんとすべきと思い、5年前にフィナンシャルプランナーに相談のうえ、ある程度計画的に全てのお金を回すようにしています。
その中でもまずは貯蓄です。こちらはある程度すぐに手元で活用で来る現金が必要なこともあり、定期預金などは行っていません。しかし、毎月5000円程度は必ず、将来の子供の成人したときのプレゼント用に家内が貯蓄しているのと、それ以外にも毎月1万円の貯蓄です。この貯蓄に近いものとして保険でも掛け捨て以外に貯蓄型のものを含め1.5万円を掛け金としています。年金型もあり、こちらは長期プランなのですぐに解約するつもりもありません。
さらに純粋な投資とは言いがたいですが、自社株の積み立てを毎月1万円、ボーナス時に10万円行うようにしています。
これだけで正直、今の生活から見るとせいいっぱいのところですがフィナンシャルプランナーとも相談した結果、これ以上は逆に生活を圧迫するので厳しいという判断でした。
しかし、我が家の場合、幸いなことに結婚も早く、子供の大学卒業も早いので老後、定年後の資金に関しては50歳からでも十分スタートできるのでそこはメリットだというところもあります。
もちろん、理論値、将来のことなので数年ごとにこうしたシミュレーションは見直していかなければいけません。
我が家も数年ごとに収入、支出、生活の変化をきちんと見定めて修正をかけていくつもりにしています。
我が家もそうでしたがとにかく客観的にこうしたプランはあからさまにして、プロの目で見てもらうことで定期的に見直す。
面倒なことかも知れませんがマネープランを立てていくに当たっては必ず必要になってくるポイントになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です