子供にお金の価値はありがたみを教える方法

子供にお金の価値はありがたみを教える方法を我が家の方法でご紹介したいと思います。お金のありがたみや大切さについては幼い頃からしっかりと教えていくことが大切だと考えています。特に最近では現金を気にすることなく簡単にクレジットカードやプリペイドカードでサービスや商品をことが大切だと考えています。特に最近では現金を気にすることなく簡単にクレジットカードやプリペイドカードでサービスや商品を書いたりするので利用することができるため、なかなか現金のありがたみを感じることができます。また、どんな家庭でもものやサービスがあふれていることもあり、お金をいかにすれば稼ぐことができるのか考えることもないでしょう。
そこで我が家では子供たちに自らお金を稼ぐことの大変さを身近に感じてもらう行動を取らせています。お小遣いも基本的には何もなく渡す事はせず、お手伝いをした対価としてお金を現金で渡すことにしています。例えば、お風呂の掃除をすると10分間なので30円を渡します。クリーニングに行けば30円も渡します。他にもお使いに行けばお駄賃をあげることにしています。こうして何かお手伝いをするたびにお小遣いが増えていくと言うルーティーンを身に付けることによってお金を稼ぐことがどれだけ大変かわかるようにしています。逆にこのお小遣いの使い方に関してはすべて子供たちにまかすようにしています。世の中で売っているものがどれだけの男をしてそれを買うためにいかに頑張る必要があるかというのを幼い頃から学ばせるためです。おかげさまで100円のボールペンを買うにしても子供たちはこれだけ頑張らないといけないと言うことがわかるようになっています。
今はまだ小学生ですが、我が家のこのお金に対する感覚を身に付ける教育は間違っていないと思います。誤った金銭感覚を子供の頃から覚えさせると大人になってから本人たちが苦しむことになるからです。
これからも正しい金銭感覚を身に着けてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です