定年後は夫婦で協力することでお金のトラブルがなくなる

定年後は年金生活になり、今までと同じような生活がなかなかできなくなると思っていませんか?
しかし夫婦で協力することで、乗り切れることがたくさんあります。
まずは仕事ですが、在職中のような仕事につかなくても年金プラスいくらかあればお小遣いにはなります。
あまり多すぎでも年金がもらえる額が少なくなるので、パートでいいのです。
一人が5万円パートで働いても、夫婦だと10万円の収入になります。
時間も短くて済むので、趣味に時間がまわせます。
趣味についても、庭やベランダで野菜を作ったり、市場に新鮮野菜を買いに行けばいままでより安く手に入ります。
仕事が忙しくて料理に手間がかけれなかった方も、時間があれば安いお店を探すことができます。
車に費用がかかるのなら、タクシーにして手放してもいいと思います。
定年後に夫婦で相談して、お互いが納得するようにすればいいのです。
いなか暮らしという選択もありますが、これは奥様が反対するケースが多いようですね。
奥様は地元で友人や仲間との時間を作っているので、壊したくないのです。
もしも子供と同居している場合は、ある程度の負担を子供にはしてもらいましょう。
特に女性には甘い場合が多いようですが、いつかひとりで暮らすときのためにも
しっかりとした計画が必要です。
定年後で一番大切なのは、健康です。
病気で入院していたのでは、お金が出ていくことが多いです。
すぐに介護になったのでは、ふたりともショックが大きいです。
年金は大切に使って、商売とか事業とかあまり大きなことは考えないほうがうまくいきます。
子供たちの教育費がかからないので、生活としてはそんなに苦しくありません。
ぜいたくな趣味があれば、見直してみましょう。
すべてやめるのではなく、3回のところを1回にするとか、同じようなことでお金をかけずにできる方法があるか知恵を絞るのです。
このようなときは、ネットが大活躍で節約方法から、新しい趣味の見つけ方まで載っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です