将来借金で人生を台無しにしない為にも正しい知識を付ける事は重要です

資本主義の日本でのお金とどう向き合うのか

money1

資本経済の中で生きている現在の世の中では、お金に関する知識をつけることは知識武装にもなり、いざという時も知識がある事で解決出来たりしたりもしますね。資本経済体制の国々ではアメリカなどをはじめとして、小学校などの時から金銭教育の授業もあり、株式投資を経験して学習したりもしますね。

アメリカのトップトレーダーが語る成功の秘訣と題して、「マーケットの魔術師」という書籍購入し、今でも何度も読み返していますが、小学校時代から株式投資をしていたりと感心させられますね。
日本では、西欧との文化の違いもあるためか、お金を得る手段としては、日本では労動による収入が絶対的な存在でもあり、㈱式投資などは余り良い事ではないと捉われますし、学校教育でも金銭教育の分野はありません。学校でも教えられないとすれば、やはり自分自身で勉強する前向きな取り組みの姿勢が必須ですね。
やはり、知識をつける事は、身近な投資でもある読書の習慣をつけることではないのでしょうか?繰り返し読んでみて自分なりでもいいから、自分の意見をつける事でありますし、直ぐに他人に頼ってしまようでは実力はつきませんね。世間や他人に頼らないというのは、2011年の東日本大震災の時ですけれども、世間の意見は更に円高が続くと言われていましたが、私は色々本を読んで自分なりの結論が見いだせましたので、正反対の考えで有りましたので大きく投資しました。やはり、知識をつける事と経験は大切ですし、その知識を活かして経験すれば大きな花を咲かせますから。
この投資は、知識をつけてから実践に移した、自分の人生の中でも大きく投資しましたね。
お金の知識をつけるためには、今までの事を洗い流しからゼロから出発し、経済などの身近なニュースから関心を持ち着目することではないのでしょうか?
その事が派生して、色々な事に関心を持つようになれば、幅が広まりますし色々と知識か身につきますね。私の場合は、親が金商売(塾経営と卸売市場)とお金には濃い職業についていたのもありましたし、その分野は小さな時から関心があったので、凹みませんでした。
むしろ、今からも色々とお金の知識はつけて行きたいですね。

お金を稼げる人というのは、自分にお金をかけられる人

money2

お金は欲しいって思うとなかなかそのとおりにはならないものです。それってお金を追い求めるからより貧乏になるってことですよね。お金を稼げる人って結局自分にお金をかけられる人ってことだと思います。よく自己投資って言われたりもしますけど、それだけじゃなくて贅沢というのも自分にできる人ほどお金が稼げると思うんです。
結局身体が資本ということもあるので、メンテナンスをできている人っていうのはそれだけ稼げるってことだと思います。お金を使ってさらにお金を稼ぐってことだと思うんですよね。だからただ稼いでいるお金だけを比べるのもよくないと思います。稼ぐ分、お金も出ている可能性は高いですからね。ただ、大きなお金を動かせるようになれば、出て行くのは多くてもそれに見合うお金が入ってくるという言い方もできると思います。
というわけで、まずはお金を手放す感覚というのも身につけないといけないのかなって思います。お金にいつまでも執着していると、それだけお金を失う不安もつきまとうし、精神衛生上よくないってところもあります。自分のところから離れたお金は循環してまた大きくなってくれることもあるわけですからね。そういう意味では、浪費と思われるような出費も悪いものではないと思います。徐々に何を買えばいいのかっていうのは見えてくるはずですし。浪費を抑えるだけでは、小金持ちにはなれても大金持ちになるのは難しいでしょうね。
ただ、お金は使えばいいというわけではなく、使ってみたらそれが有益なものなのかを考える必要はあるでしょうけどね。そうした中で無駄遣いも減ると思います。結局お金は使ってみないとそれが無駄遣いかどうかって分からないところもあるのかな、と。だからちょっとお金ができたら、自分が何にお金を使うことで満足するのかっていうのに試しに使ってみるというのもいいのでは?って思ったりします。とりあえず一度使ってしまえば、そのお金の使い方が失敗でも二度と同じ失敗しなくてすむでしょうからね。

お金を稼ぐことと節約することと借りること

lgi01a201310221100

人間が生きていく上では、言うまでもなく、お金を稼ぐことは非常に大切なことです。それに稼いだお金を大切にして、節約に励むこともまた、非常に重要です。確かにお金持ちの人なら、特に節約など考えなくても何ともないでしょうが、一般の庶民は違います。大切なお金なのですから、なるべく無駄遣いしないようにしなければなりません。そして、計画的に有効に使わなければならないのです。
何しろお金というものは、稼ぐのは難しい癖に使うのは実に簡単なのです。それに、たとえ手元に一万円札があったとしても、お菓子一つでも買ってしまえば一万円札は消えるのです。すると一万円札が千円札や小銭などに変わった途端、ふと気が付くと、あっという間に無くなってしまうことは当たり前のように起こるのです。庶民であれば誰でも皆、きっとそのような体験をしたことがあるでしょう。
そんなお金ですから、ひとたび金欠に陥ってしまい、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどのお世話になるとしたら、それは心して実行に移さなければなりません。何しろ金融機関から借金を背負うのですから、元金に利息をプラスして決められた期日までに返さなければならないのです。同じ借金でも、親から「ある時払いの催促なし」で借りるのとはわけが違うのです。絶対に金融事故など起こさないように、本当に細心の注意を払って借りなければなりません。そのためには、とにかく事前の返済計画を入念に立てておくことが肝心です。
しかし、人間というものは自分に甘いものです。借金する時でも、「私ならこんな借金、すぐに返せるに決まっている。大丈夫だ」などと軽く考えてしまうことが多いのです。それで甘い見通しで安易に借金してしまい、後で返済が苦しくなって後悔するようなことになるのです。人間なんてそんなものですから、それを忘れずにお金と接していくべきです。
金は天下の回り物と言われていますが、それもどうやらお金持ちにだけ該当する諺なのかもしれません。庶民や貧乏人は、そんなことは考えないほうが良いでしょう。

今すぐお金を借りる!即日審査と金利比較ならカードローンエキスポ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です